~落書き帳~

日々を綴ります。どうぞよろしくお願いします。

思いつくままに

これからだなんて

思ったことはなくて

将来があることさえ

疑ってきたもんだ

 

夏休みの宿題を心配してた

あのころの自分 

仕事の進捗を心配してる

いまの自分

 

疑うことはいっちょまえ

疑ってばかりでいるのは楽だ

何も変わらないんだから

 

さぁ、もうやめだ

疑うことを言い訳にするの

 

もう十分だ

進め、進め

進めば進むほどなんとかなるもんだ

いままでの自分がそう言ってる

雑感

雑感

僕はずっと平坦な道を歩き続けている。

上り坂も下り坂もあるけれど、引き延ばせば平坦だ。

この道をどうやって歩いて行こうか。

僕はこうやってみる。

同じことだけど少し違うことを毎日毎日積み重ねる。

明日が今日より良くなるように願いながら。

僕が僕であることでほんの少しでも世界の役に立つのだ。

 

そうは言っても難しいねぇ。わっはっは。

春がくる。

春がくる。

今年は春に上手に乗れるだろうか。

有り体に言うと春は、「期待と不安で胸がいっぱいになる季節」だ。

俺にとっては、「そわそわしすぎてお腹が痛くなる季節」だ。

あぁ、すでにお腹が痛い。

今年も春に上手に乗れそうもないな。

最近魚の小骨が喉に刺さっとらん。

魚の小骨が刺さってた。アジの開き食べると小骨が喉に刺さってさ。そしたらご飯噛まないで飲むといい。

最近、アジの開き食ってない。だから魚の小骨が喉に刺さってない。


アジの開きはみんなで食うもんだ。1人では食って小骨が喉に刺さったら嫌だ。

徒労

誰といても同じなの?誰でもいいなんて言うなよ。そんな寂しいことあるかよ。俺にとってじゃない、お前にとって寂しいだろ。誰でもいいならさ、これから出会う人みんな同じじゃないか。誰と出会っても一緒、誰と別れても一緒。そんな金太郎飴みたいな世界で生きるなんて俺はごめんだ。

10kmマラソン大会

マラソン大会は皆、自分と闘っている。そう感じて、1人なのに1人じゃない心持ちになる。不思議なもんだよな。