~落書き帳~

日々を綴ります。どうぞよろしくお願いします。

春がくる。

春がくる。

今年は春に上手に乗れるだろうか。

有り体に言うと春は、「期待と不安で胸がいっぱいになる季節」だ。

俺にとっては、「そわそわしすぎてお腹が痛くなる季節」だ。

あぁ、すでにお腹が痛い。

今年も春に上手に乗れそうもないな。

最近魚の小骨が喉に刺さっとらん。

魚の小骨が刺さってた。アジの開き食べると小骨が喉に刺さってさ。そしたらご飯噛まないで飲むといい。

最近、アジの開き食ってない。だから魚の小骨が喉に刺さってない。


アジの開きはみんなで食うもんだ。1人では食って小骨が喉に刺さったら嫌だ。

徒労

誰といても同じなの?誰でもいいなんて言うなよ。そんな寂しいことあるかよ。俺にとってじゃない、お前にとって寂しいだろ。誰でもいいならさ、これから出会う人みんな同じじゃないか。誰と出会っても一緒、誰と別れても一緒。そんな金太郎飴みたいな世界で生きるなんて俺はごめんだ。

10kmマラソン大会

マラソン大会は皆、自分と闘っている。そう感じて、1人なのに1人じゃない心持ちになる。不思議なもんだよな。


駆けろ

走るのでは遅い。駆けろ。

倍速で駆け抜けろ。それしかない。

停滞している時間はない。

 

最果てはどこ

線路は続くよ、どこまでも

 

海を渡る

遠く、遠く、どこまでも遠く

どこへだって行ける

 

僕らはどこからかやってきて

僕らはどこかへ向かっていく

 

僕らは壁にぶつかっていく

僕らは己の非力さを知る

 

凡人であることを知ることは敗北ではない

凡人であることを知らない傲慢さを憎む

 

俺は誰だ。

俺が大切にしていることは何か。

俺が絶対に譲れないものは何か。

俺が俺であることを語る術はあるのか。

他人は俺が俺であることを何をもって覚えているのか。

 

あなたの大切にしている人のこと、紹介できますか。

その人の社会的な属性(職業、性別、年齢、名前etc)を取り払ったとき、

何が残るのでしょうか。

 

あいつはほんとに甘いものが好きでさ。どこに行っても必ず羊羹食ってるんだよ。

あいつは日本酒に目がないんだよ。仕事ほったらかして酒造はじめちゃうんだから。

あいつは怒りっぽくてさ、信号が赤だと地団駄を踏むんだよ。