~落書き帳~

「僕が何をしているのか」を整理するためのブログ。 改めてどうぞよろしくお願いします。

気づくことと動くこと

  暑い日が続いているが、今日は木曜日だからあと1日働けば週末がやってくる。明日の英気を養うために夕飯はそばにしよう。僕は天丼も好物だから、天丼も食べよう。

 固い決意、断固たる決意だ。僕は帰路こうつぶやいた。

「せいろの大盛とミニ天丼だ。食うぞ。」

 

 午後7時、そば屋の暖簾をくぐる。店内は座れないほどではないが賑わっている。暑い日にはそばが食いたくなるものだ。

 席に案内されるなり僕は「せいろ大とミニ天丼」とはっきり注文した。

 すぐに隣の客も続ける「せいろとミニカツ丼」。

 割烹着を着たおばちゃんは、厨房に向かってこう言った。

 

 「せいろ大とミニカツ丼」それと「せいろとミニカツ丼」

 

 おい、ちょっ、待てよ。僕の中のキムタクが顔を出しそうになった。

 だが、僕はキムタクではないので、割烹着を着た愛想の良いおばちゃんに怪訝な目をむける。

 おばちゃんは、にこやかに「ミニ天丼とせいろ大、ちゃんと通っているよ。」と僕に言う。

 違うよ、おばちゃん。おばちゃん忙しいから思っていることと言っていることが違うよ。内心僕は叫んだ。だが、僕も疲れている。僕の聞き間違いかもしれない。おばちゃんがにこやかに大丈夫っていうから、信じてみよう。

 

 「おまたせ」

  

 おばちゃんは満面の笑みでせいろ大とミニカツ丼を持ってきた。